Steep Fuji

0

    家の二階の窓から見える富士山。

    白く筋のようにあった雪も、

    もうこの時季には

    すっかりなくなっています。


    二回ほど

    富士山の頂上まで

    行ったことがあります。

    そして二回とも

    梅雨明け前の7月・・・。


    雨で視界が悪くても、

    突風に飛ばされそうになっても、

    前に進むしかない道。


    P7100030


    そして、

    見ているだけだと美しい富士山が

    登った時に見せる顔は、

    厳しく険しいものでした。


    一回目は、

    帰って来てから3ヶ月ほどで,

    足の指の爪が

    すべて剥がれ落ちました。

    足先への負担が、

    とても大きかったようです。


    二回目は、

    一回目の経験を踏まえて

    靴を変え、

    膝への負担を軽減させるサポーターも

    用意しました。

    身体へのダメージは

    一回目とは違い,

    全くと言っていいほど

    ありませんでした。


    今年は

    三回目に挑戦したかったのですが、

    タイミングが合わず・・・。

    ぜひ来年は!と考えています。


    頂上からの素晴らしい景色と、

    やり遂げた〜!!という達成感を

    また味わいたいです。


    P7100028_2


    二回目は家族と登ったのですが、

    一回目はアメリカ人の友人と

    日本人の友人とで

    三人で頂上を目指しました。


    Fuji_group


    アメリカ人の彼女は

    日本語がほとんど話せなかったので、

    『 登る!英会話教室 』みたいで

    楽しかったのを覚えています。


    その時に

    steep (険しい、急な) の意味を、

    初めて知りました。


    Steep_fuji


    ハニーごはん

    0

      チワックスのハニーと

      暮らし始めて、

      早いもので

      2ヶ月が過ぎました。


      生後3ヶ月半ほどの子犬は、

      今が一番食べ盛りのようなのですが・・・。

      最近はちょっと夏バテ気味のようで、

      少しごはんを残す日が続いています。


      ごはんといっても、

      ペットフードが主のものです。

      いろいろ試してみたい気持ちはあるのですが、

      それに慣れてしまって

      ペットフードを食べなくなってしまったら・・・

      との心配から、

      あまり手作りしていません。


      これから長い時間留守にする時などは、

      手作りできないでしょう。

      そんな時、

      出されたペットフードに見向きもしないで、

      お腹を空かせてくんくん言っていたら

      ハニーがかわいそう・・・。


      そんなわけで

      今のハニーごはんは、

      ほとんどペットフード

      +細かくほぐした鶏のささみを少々、

      それに

      ちょこっとの

      蒸したかぼちゃや

      茹でたキャベツ

      を入れてみたり、

      玄米ごはんを

      ひとつまみ入れてみたり・・・

      な感じです。


      そのちょこっとの食べものに、

      ちょっぴり不思議そうに

      「あれ?」

      と戸惑いつつも、

      おいしそうに食べてくれています。


      今度はもうちょっと

      玄米ごはんを入れてみようかな〜?


      ワタシたちと同じ物を

      少しハニーが食べているっていうだけで、

      何だかとっても一体感が生まれます。


      『 同じ釜の飯を食う 』 的な

      感覚なのかもしれません。


      P7240938_2


      子どものころの外食

      0

        外食・・・外でごはんを食べることって、

        子どものころと

        大人になってからとでは、

        だいぶ意味合いが

        違う感じがしています。


        子どもだけの外食についての

        記事を見て、

        自分にとっての外食を

        思い起こしてみました。


        ケチャップライスの上に

        小さい旗が立っていた

        お子様さまランチから始まった外食・・・

        お外での食事は、

        本当に特別なものでした。


        出掛けて、

        レストランで食べる食事。

        ワタシは洋食派だったのですが、

        弟はラーメン派。

        せっかくの外でのごはんなのに、

        弟の意見が通ってしまい、

        ラーメンになることもしばしば。

        そんな時

        ワタシのとがった口は、

        なかなか元には戻りませんでした。

        滅多にない、特別な食事なのに、

        ラーメンなんて・・・。

        その頃のワタシには、

        悲し過ぎました。

        もちろん弟にとっての特別な食事は、

        ラーメンだったのですが・・・。


        外食に何を食べるか・・・

        で弟と対立した記憶は、

        父の存在がこの世から

        いなくなってしまったところで、

        ぷつりと消えています。

        外食にもあまり行けない時期に、

        突入していたのかもしれません。


        その頃でも、

        子ども同士で

        外おやつとして楽しんでいたのは、

        図書館帰りのソフトクリームです。

        毎週のように友達と通った、

        小田原城の側の図書館。

        その帰り道には、

        必ずデパートの地下で、

        ソフトクリームを買って食べました。


        中学生ぐらいになってから、

        模擬試験の帰りに

        友達同士で

        外でランチすることが

        出てきた時が、

        ワタシにとっての

        子どもだけの初外食だったと思います。

        ピザとチョコレートパフェ とか、

        ドリアとフルーツパフェ など、

        今考えるとぞっとする組み合わせを

        毎回ぺろっと食べていました。


        さすがに

        夕食を友達だけでお店で・・・

        は、かなり大人になってからのように

        記憶しています。


        そして、

        外食への特別感も

        次第に薄れ・・・。

        最近のワタシにとっての外食は、

        打ち合わせを兼ねてや、

        疲れてしまって食事を作る気力がない時、

        がメインです。

        もちろん、素晴らしい食事に

        出逢うことも

        多々あるのですが、

        子どもの頃に比べたら

        新鮮さを感じる度合いが、

        とても少ない感じがしています。

        経験値がそうさせているのかも???


        中学生の頃の

        子ども同士での外食は、

        治安の問題や

        食事のマナーがきちんとわかっているか

        が心配です。


        そうは言っても、

        子ども時代のことを思い起こしてみれば・・・。

        あの外食に対する

        きらきらした憧れは、

        子どものころだからこその

        特別な感覚でした。


        きっと

        いけないことをしてしまったような、

        大人に一歩近づいたような、

        スリルがあったのだと思います。


        P8180008_3


        ぬか漬けのパワー

        0

          最近、

          ぬか漬けをよく食べます。


          きゅうりやにんじんを漬けて、

          うま味と塩気を

          心地よく感じながら、

          自分の中の日本人を

          感じています。


          子どもの頃は、

          母が大きな入れ物で

          一度にたくさん漬けていたので、

          何日も漬けて

          色が茶色くなって

          酸っぱくなったものを

          塩出しをして

          食べたりもしました。

          以前は、

          酸っぱいくらいのぬか漬けが

          大好きでした。


          今は、ほんの少しの量の

          ぬか床なので、

          少しずつ漬けて

          楽しんでいます。

          そして、すぐ食べてしまうので

          酸っぱくなった古漬けには、

          なかなかお目にかかれないのが

          ちょっぴり残念ですが、

          毎日少しずつ

          無駄なく食べることができ、

          それはそれで

          満足しています。


          一昔前までは、

          日本の家庭の常備品だった

          ぬか漬け・・・。


          生きたまま腸に届く

          植物性乳酸菌のおかげで、

          お腹の調子も整います。


          また、米ぬかに含まれている栄養素が、

          ぬか漬け野菜に浸透してくるので、

          生で食べるよりも

          ビタミンB群の吸収が期待できます。


          おいしくて

          パワーいっぱいのぬか漬けで、

          ごはんが進んで・・・

          今日はちょっと

          食べ過ぎてしまいました(笑)


          P7230929_2



          玄米トマトライス

          0

            玄米トマトライスを作りました。


            P7220877


            完熟トマトと

            にんにく、

            玄米ごはんを炒め合わせ、

            塩・こしょうで味を整えた、

            シンプルで赤い玄米ごはん。

            今回は、

            ピーマンを少し加えました。


            トマトの水分で、

            ちょっとリゾット風なので、

            この暑さの中

            とても食べやすいです。


            赤は元気が出る色!

            でもあるので、

            夏バテに注意!の

            今の時期にはぴったりです。


            ・・・昨日、ワタシが留守の間に、

            居間のエアコンが

            動かなくなってしまいました。


            そんな今日の暑さの中、

            窓を開けていても

            なかなか心地よい風を

            感じることができません。


            周りの道路が、

            アスファルトではなく

            土だったら・・・

            ほどよく熱を吸収し、

            心地よい風を

            運んでくれたかも。


            エアコンのありがたさを感じつつ、

            そもそも

            どうしてエアコンが必要なのか・・・と、

            便利さに便利さを重ね合わせている

            現代の暮らし方が、

            やるせなくなったりもしています。



            ココロごはん講座・夏編

            0

              今日、川東タウンセンターマロニエにて、

              ココロごはん講座・夏編

              を開催しました。


              この講座は、

              その時期のエネルギーに合ったランチ付き。

              身体にやさしい食べものを

              体感していただくことができます。


              今日のCaptain 特製ランチボックスは

              こんな感じです。↓

              P7250956


              久しぶりに作った、

              粒そばソーセージが

              大好評でした。

              黒米を入れて炊いた玄米ごはんも、

              おいしく召し上がっていただくことができました。


              そして・・・

              先日青森から届いたメロンも、

              召し上がっていただきました。


              食後に、夏のエネルギーのお話。

              そして今回は、

              ちょいマク的ダイエットのお話などを

              みなさんのお話も伺いながら、

              進めさせていただきました。


              以前は確か白かった会議机が、

              なぜかピンクに変わっていたその部屋で、

              あっという間に

              時間は過ぎてゆきました。


              みなさんがそれぞれの立場で、

              ひとつでも何かを持ち帰っていただけたかな〜

              そんな風に思える

              嬉しい夏のひとときでした。



              青森メロン

              0

                青森から届いた

                有機玄米&七分づき米の中に、

                メロンがふたつ

                お米をクッションにして

                並んで入っていました。


                有機栽培のメロン。


                今の時期は、

                ホームビレンスという

                白皮でグリーン肉の

                メロンのようです。


                P7240928_2


                初物を

                味わう幸せを噛みしめながら、

                大事に大事に

                つがるの味を

                楽しませていただこうと

                と思っています☆



                懐かしい × 3

                0

                  今日は、

                  25日(土)の 「ココロごはん講座・夏編」

                  の準備で買い物に行った後、

                  今年の3月に

                  創作文字絵作家としてデビューされた、

                  小林真澄さんの初個展に

                  伺いました。


                  小林真澄さんは、

                  昨年の11月に当時ワタシが開いていた

                  Natural Cafe Noop-Noop で

                  再会した元同僚で、

                  小学校の先生をされていた方です。

                  ちょうどその時は、

                  お店の二階で

                  やはり同時期に同僚だった

                  鈴木一憲さんが、

                  陶芸の個展を開催されていました。

                  (その懐かしい想いは、

                  2008年 11月のブログに綴ってあります。)


                  また小林真澄さんとは、

                  今年の4月に鎌倉散策を楽しみました。

                  (その時の様子は、4月のブログに綴ってあります。)


                  そして、この度

                  『感性豊かな創作文字絵』

                  という初個展を

                  開催されています。


                  期間は、先週17日(金)〜26日(日)までで、

                  場所は、開成町のあしがり郷 瀬戸屋敷

                  趣のある建物は、

                  真澄さんの創作文字絵に

                  ぴったりマッチしています。


                  P7230916_2


                  しっとり大人な感じの文字絵から

                  かわいいものまで、

                  様々な文字絵がありました。


                  これらは、

                  瀬戸屋敷に関連した作品です。

                  素敵な風情を、

                  醸し出しています。


                  P7230902_3


                  そしてこれは、

                  ワタシのお気に入り・・・「はじけるえがお」です。

                  周りには、おはじきが散りばめられていて、

                  かわいい「えがお」を引き立てています。

                  見ていると自然と自分も笑顔になり、

                  とっても幸せな気分になります。


                  P7230893_9


                  ゆっくり見させていただいたし、

                  ほかの方々がいらっしゃる前に

                  失礼しようかなぁ・・・

                  と思っていた頃、

                  ひとりの男性が

                  階段を上って来ました。

                  あれっ!?

                  ・・・その男性は、元同僚で

                  現在は陶芸家の鈴木一憲さんでした。

                  昨年11月にNoop2で再会した3人が、

                  なんの約束もなく揃いました。

                  びっくりして、

                  お互い顔を見合わせて

                  笑ってしまいました。

                  講座の準備の買い物を後回しにして、

                  先に個展に伺っていたら、

                  一憲さんとお会いすることは

                  できなかったでしょう。


                  鈴木一憲さんは、

                  また今年の11月に

                  小田原市内で個展を開かれるそうです。

                  そしてその時

                  Captain Organic として、

                  関わらせていただくかもしれません。

                  そんなお話を、

                  偶然お会いできた今日、

                  いただきました。


                  瀬戸屋敷を後にして、

                  南足柄の関本に向かいました。

                  そしてお店を閉店する時に、

                  お嫁に出した椅子やテーブルたちに会いに、

                  Cafe FUN さんへ伺いました。

                  そしてNoop2で活躍してくれていた、

                  懐かしい椅子やテーブルに

                  目を細めながら、

                  おいしいハーブティーをいただきました。


                  P7230923_2


                  このハーブティーは、

                  一緒にコラボ講座をさせていただいている

                  Flower's Room の 佐藤ユミ子さんがブレンドした、

                  Cafe FUN オリジナル ハーブティー。

                  飲みやすく、

                  程よい甘みがほっとさせてくれます。


                  Cafe FUN さんには、

                  ソイラテや有機のジュースなども

                  揃っていました。


                  延び延びになってしまっていますが、

                  友人達と おんりーゆー (温泉)に

                  行くことになっています。

                  たぶん・・・やっと・・・

                  今秋に。

                  その帰りには、

                  ぜひまたCafe FUN さんに

                  寄りたいと思います。


                  今日は、

                  懐かしい・・・なつかしい・・・ナツカシイ

                  素敵な一日でした。



                  昆布と椎茸の佃煮

                  0

                    昆布と干し椎茸で、

                    佃煮を作りました。

                    P7220847


                    加えた調味料は、

                    醤油、みりん、自然塩です。


                    もっと煮込んでしっかりした味でも、

                    玄米ごはんに合います。

                    日持ちもします。


                    でも今日は、

                    少し歯ごたえを残し

                    さっぱり目で仕上げました。


                    たくさん作ったので、

                    冷蔵庫に保存しながら、

                    時おり煮直して

                    長く楽しみたいと思います。


                    いつも、だしを取り終わった

                    昆布と干し椎茸を

                    冷凍しています。

                    そしてそれがある程度の量になったら・・・

                    佃煮に変身させます。


                    だしを取ったあとのものですが、

                    十分おいしく

                    味わうことができます。


                    日食を見てみたくて、

                    午前中は

                    家で待機していました。

                    そして、外をちらほら覗きながら

                    コトコト佃煮を煮ていました。

                    2階のベランダから外を見ても、

                    雲が多くて

                    なかなか太陽を確認できません。


                    火を止め、

                    諦めて近くの神社に

                    お参りに行きました。

                    とりあえず、

                    太陽めがねをポケットに忍ばせて・・・。


                    雨で湿った神社の木々は、

                    ひっそりとしていて

                    少し暗い感じがしました。

                    今週末の

                    お祭りの準備も

                    着々と進んでいるようでした。

                    ・・・太陽めがねの出番は、

                    ありませんでした。


                    家に戻り

                    またコトコトと佃煮を煮ながら、

                    お昼ごはんの準備をしました。

                    その時、

                    2階の居間に日が差しました。

                    急いでベランダに出て、

                    太陽めがねを使い

                    空を眺めてみました。


                    そこには、

                    左下がぱくっと一口

                    まぁるくかじられたような太陽が、

                    まるで月のように

                    映し出されていました。

                    それは、ほんの一瞬の出来事でした。



                    三種のトマト

                    0

                      今日は、

                      3種類のトマトが届きました。

                      さすが夏!って感じです。


                      P7210840


                      写真奥の左側が、

                      普通のトマト。

                      奥の右側が、

                      ミニトマト。

                      そして、手前が

                      シチリアンルージュという名の、

                      イタリアントマトです。


                      イタリアントマトは、

                      よく缶詰にもなっている

                      サンマルツァーノが有名ですが、

                      シチリアンルージュなんて

                      かわいい名前のトマトも

                      あったんですね〜。


                      すべて熟し切っている、

                      鮮やかな色のトマトです。


                      ワタシは、子どもの頃から、

                      お日さまをいっぱい浴びて熟した

                      真っ赤なトマトが好きでした。


                      でも母は、

                      青いトマトを選んで買って来て、

                      しかも皮をむいて食卓に

                      出してくれました。

                      母は、熟し切っていない

                      青めのトマトが好きだったのです。

                      そして青いからこそ、

                      りんごのように皮をむくことができたのです。


                      子どもの頃から食べ付けている

                      懐かしいお母さんの味が、

                      その人の食のベースになっている・・・

                      とも思うのですが、

                      すべてそうとは、

                      言い切れないようで。

                      ワタシは、母の出してくれる

                      皮なしの青いトマトが、

                      あまり好きではありませんでした。

                      しゃりしゃりした青いトマトは、

                      ワタシの中では

                      そういう意味で、

                      懐かしい母の味となっています。


                      ところで、

                      トマトをふんだんに使うイタリア料理について、

                      おもしろい比較論を見つけました。


                      イタリア料理といえば、

                      トマトソースをふんだんに使います。

                      イタリア料理に欠かせない

                      トマト&アンチョビ&オリーブオイル

                      を日本料理に欠かせないものと

                      比較することができるのです。


                      トマトはコンブ・・・

                      グルタミン酸が豊富です。


                      アンチョビは煮干し・・・

                      アミノ酸・イノシン酸・魚のうま味が共通します。


                      オリーブオイルは醤油・・・

                      あらゆる料理に使います。


                      あ〜だからイタリア料理は、

                      日本人の口に合うのですね〜。

                      納得です。


                      イタリアのソウルフードであるトマト。

                      いつか本場のイタリアで、

                      トマトパスタを味わってみたいです。


                      以前近所に住んでいた

                      イタリア系アメリカ人の女の子が、

                      リコッタチーズとほうれん草のラビオリ

                      とそれに絡める秘伝のトマトソースの作り方

                      を教えてくれるということで、

                      喜んで彼女のアパートに

                      行ったことがありました。

                      ラビオリの作り方は

                      教えてくれたのですが、

                      急に、トマトソースの作り方は教えられない・・・

                      と言われました。

                      「トマトソースの作り方は、

                      先祖代々受け継がれたものなので、

                      それを教えてしまったら、

                      おばあちゃんがお墓から

                      化けて出て来ちゃうから絶対だめ!

                      絶対教えられない!」

                      と強く言われ、

                      しぶしぶ引き下がったのを覚えています。

                      とっても残念でした。


                      でも直前までは、

                      教えてくれると言っていたので、

                      もしかしたらすでに

                      おばあちゃんが彼女の前に

                      現れたのかも???


                      そんなわけで

                      今週は、

                      シチリアンルージュを使った

                      captain秘伝?のおいしいトマトソースを、

                      作りたいと思っています。




                      calendar

                      S M T W T F S
                            1
                      2345678
                      9101112131415
                      16171819202122
                      23242526272829
                      30      
                      << September 2018 >>

                      selected entries

                      categories

                      archives

                      recent comment

                      • 今度こそNoop-Noopとして。
                        captain
                      • 今度こそNoop-Noopとして。
                        みほ
                      • 6月の八ヶ岳マルシェ@原村で♪
                        captain
                      • 6月の八ヶ岳マルシェ@原村で♪
                        ひっぽ
                      • わんちゃんのクランベリーケーキ
                        captain
                      • わんちゃんのクランベリーケーキ
                        ひっぽ
                      • つむぐdog マルシェ (@白州べるが)でいぬのおやつ
                        captain
                      • つむぐdog マルシェ (@白州べるが)でいぬのおやつ
                        つむぐdogマルシェ小林
                      • ハロウィン生まれのくっきーの黄色いバースデイケーキ
                        captain
                      • ハロウィン生まれのくっきーの黄色いバースデイケーキ
                        トムママ

                      links

                      profile

                      書いた記事数:4804 最後に更新した日:2018/09/21

                      search this site.

                      others

                      mobile

                      qrcode

                      powered

                      無料ブログ作成サービス JUGEM