30日間 自給自足

0

    有名ファストフード店の食事を

    毎日毎回、しかもスーパーサイズで

    食べ続けたら、

    身体はどうなっていくのか?

    を、身をもって体験した

    アメリカのドキュメンタリー映画、

    『スーパーサイズ・ミー』。

    衝撃的でした。


    その監督、

    モーガン・スパーロックさんの

    『30days』というDVDを見つけました。

    いろいろなことを

    二人組で

    30日間試してみるというお話。


    その中に、

    「30日間 自給自足」

    という回がありました。


    都会暮らしの

    30代の同僚の男女が、

    エコ・コミュニティに30日間滞在。

    果たして、どういう変化があるのか・・・

    という内容でした。


    そのコミュニティは、

    電気も自家発電。

    車の燃料も、

    植物性油の廃油を使用。

    シャワーのお湯も、

    薪を燃やして沸かします。

    糞尿も、肥料に変えます。

    完全な循環型生活です。

    もちろん野菜も

    自分たちで育てています。


    ・・・日本も、江戸時代は

    素晴らしい循環型の暮らし

    を送っていたのですよね。


    このコミュニティでは、

    家畜は飼っておらず、

    みなさん完全なベジタリアン、ビーガンでした。


    そんな中に、

    ぽーんと入ったふたり。


    女性の方は、

    ボディ・ヘアケア製品の使用を禁止され、

    (有害な化学物質が入っているため。)

    かなりのストレスを感じていました。


    男性は、とにかく

    「肉!肉!」と

    気が変になりそうな感じで

    叫んでいました。

    そして我慢の限界がきて・・・

    彼は敷地内のうさぎをしとめ、

    自分で調理し、食べてしまいました。


    そのコミュニティの名前は、

    【ダンシング・ラビット】。

    そこにいるうさぎが、

    まるで踊っているかのように

    跳ねていることがあることから、

    その名前が付けられたそうです。


    そんなこともあり、

    うさぎを食べているシーンには、

    目を背けずにはいられませんでした。


    それでも30日間、

    共同生活を共にした後には、

    ふたりの中に

    エコに対する意識が、

    芽生えていたようでした。


    そして、たとえそれが手間がかかって

    合理的ではなかったとしても、

    地球にいいことをしていこう!

    と取り組んでいる方たちには、

    頭が下がる思いでした。


    P7270111



    有機じゃない?

    0

      最近は、

      有機農産物の認定マークを

      以前よりよく見掛けるようになりました。

      多少ほかのものより値段が高くても、

      安全を考えての

      選択肢が増えたことを、

      とても嬉しく感じていました。


      ところが・・・

      「有機」じゃないことを知りながら、

      有機農産物認定をされ、

      流通していた農産物があったという記事。

      不適切な化学肥料を使ったものが、

      有機農産物のマークを付けて

      堂々と販売されていたことを知り、

      愕然としました。


      そんなことがあったら、

      何を信じて

      安全を取り入れていったらよいのでしょう。


      ・・・自給自足しかないのかも。・・・


      野菜を作ってみよう!と思っていた春、

      畑を借りることができ、

      しかも農作業を教えていただけるというプラン

      に応募しましたが、

      残念ながら応募者多数で、

      参加することはできませんでした。

      家の庭のほんの小さな場所で、

      少し何か作ってみようかなぁ

      とも思っていましたが、

      いろいろなことが重なり、

      まだ始めることができていません。


      最近は、

      自然農法や有機農業に、

      関心を持つ方が増えているようです。

      確かに自分で作れば、

      自分の環境に合ったその時期のものを

      食べることができます。

      認定云々は関係なく、

      安全は保証済みです。


      ワタシは農産物を作った経験はありませんが、

      有機・無農薬野菜の宅配をお願いしてから、

      10年以上になります。

      最初は、その時期のものを

      全国から集めたセットを

      いただいていました。

      みかんの産地が移ってきたり、

      地元ではなかなかお目にかかれない野菜・果物たち。

      その頃は、めずらしいものに対して、

      ちょっぴり贅沢感も感じていました。


      今は、地元の農家の方に

      旬のお野菜を宅配していただいています。


      そして、自分の身体が感じたこと・・・。

      それは、地元の旬をいただく方が、

      ほっとするおいしさを味わえるという事実です。


      安全と彩りや季節感だけを考えたら、

      その時期の有機野菜を全国から集めた方が、

      満足できるはず。


      でも身体は、

      地元の旬を感じている方が、

      明らかに喜んでいます。


      『身土不二』・・・

      「身体と環境は、バラバラではなく一体である。」

      そのことを、身をもって感じている

      今日この頃です。


      P8140035



      フードマイレージ

      0

        現在、食糧自給率約40%の日本。

        国内で消費される食料の多くを

        輸入に頼っていることになります。

        そんな日本は、

        食材を

        船や飛行機、トラック

        などを使って、

        長い距離を運ぶので

        多くの二酸化炭素CO2を

        発生させてしまうと言えます。

        それが環境に負荷をを与えてしまう・・・

        という事実。


        『フードマイレージ』は、

        「輸送量」に「輸送距離」を乗じた計算式で

        求めることができ、

        値が少ないほど

        環境への負荷が少ない

        という目安になるものです。


        残念・・・なことに

        日本のフードマイレージは、

        値が低い国の9倍もの値。

        遠いところからの

        大量輸入を減らし、

        地産地消を!と言われています。


        地元産の食材を選ぶことは、

        地球環境を守ること・・・

        確かにそうです。


        でも・・・

        不景気の中、価格破壊が進み

        300円以下の惣菜弁当が

        爆発的に売れているという

        相反する事実。

        その価格で作られるお弁当に、

        フードマイレージの数値を下げることを

        望むことは無理です。


        すべてが丸く治まるなんて、

        むずかしいことかも。


        とにかく今は、

        様々な情報を整理しつつ、

        現実と向き合いながら

        ひとりひとりが、

        できることから始める・・・

        そんな時期なのかもしれません。

        それがたとえ、

        ほんの小さなことだとしても。


        Dsc01200



        車麩の甘辛どんぶり

        0

          車麩を水で戻して

          絞って小麦粉をまぶし、

          多めの油で焼いて

          玉ねぎと一緒に

          醤油・みりんと昆布だしで煮て。

          ちょっっと赤唐辛子も加えて

          ピリ辛に。


          玄米ごはんにのせて

          どんぶりにしていただきました。


          玉ねぎの甘さが

          もちもちした車麩を

          ふんわり包んで

          いい感じです。


          P7020784


          玄米のお酒

          0

            麦芽と玄米と天然水でできている

            発泡酒を飲んでみました。

            玄米は、国産だそうです・・・。


            P7020753


            すっきりした後味・・・

            とありますが、

            本当にスッキリでした。

            泡は、とてもはかなくて、

            すぐ消えてしまいましたが・・・。

            アルコール度数は5%で、

            ほろ酔いをうたっているお酒よりは、

            ちょっと高めです。

            さっぱり飲めて、

            すっきりするのには

            いいかも。


            ビールのしゅわしゅわ感が

            苦手な方にも

            お勧めできます。


            そして・・・

            なんと言っても柿の種が、

            この手のお酒には

            ぴったり♪と

            実感しています〜。



            トウモロコシ玄米ごはん

            0

              今回届いたトウモロコシは、

              丸ごと玄米と一緒に圧力鍋で炊いて、

              トウモロコシ玄米ごはん にしました。


              P7010745


              丸ごと・・・なので、

              芯からの甘みも加わって、

              ごはんだけで

              ぱくぱくいただけちゃいます。


              P7010752_3


              アレルギー対応の機内食

              0

                以前、アメリカに行ったときのこと。

                そのアメリカ行きの飛行機は、

                様々な機内食の特別対応が

                できるシステムになっていました。


                ワタシは、飛行機に乗るときには、

                いつもおにぎりを持参していました。

                何も動かない状態で、

                到着地の時間に合わせて出てくる機内食が、

                どうも重たく感じられてしまうからです。

                『う〜、ブロイラー状態だぁ。』

                そんな危険を感じたら、

                機内食はパスして

                いつもおにぎりを頬ばっていました。

                雲の上で食べるおにぎりは、

                また格別です。


                でもその時のアメリカに行く飛行機では、

                事前に特別食を予約。

                そんなわけで、

                たぶん初めておにぎりなしでの

                旅となりました。


                その航空会社の特別食は、

                多種多様でした。

                ベジタリアン食といっても、

                肉・魚なし・・・から

                乳製品・肉・卵なし・・・まで

                何種類かあったように記憶しています。

                そしてベジタリアン食の中にも、

                通常のベジと

                スパイシーなもの

                二種類ありました。


                ワタシは、行きの飛行機はスパイシーベジ食、

                帰りは通常のベジ食で、

                卵・乳製品もなしで

                オーダーしてみました。

                宗教上の理由の方の対応のためか、

                使用する肉を

                限定する機内食もありましたね〜。


                それ以降、

                海外に行っていないので、

                その後の機内食の変化は

                わからなかったのですが・・・。


                今年の5月末から

                日本の航空会社で、

                アレルギーの原因となる

                25品目の原材料を使わずに作ってある

                機内食のサービスが始まった!

                と知りました。


                空の旅の密かな楽しみである機内食。

                アレルギーをお持ちの方も

                機内食を味わうことができ、

                旅の喜びも倍増することでしょう。

                もちろん事前の相談や、

                申し込みは必要とのことです。


                ワタシが味わったベジ機内食体験。

                スパイシーベジは、ベジカレーみたいなもの。

                通常ベジは、やさいとパンみたいな感じでした。

                食事の時間になると、

                真っ先にベジ食を運んでいただけます。

                普通の食事の方々が揃った頃には、

                ワタシはいつも

                先に食べ終わっていました。

                行きの飛行機のスパイシーベジ食のときに、

                ヨーグルトが付いていました。

                『あれ?No dairy foods (乳製品なし)で

                予約したはずなんだけどなぁ。』

                アジア系の飛行機だったので、

                ちょっと見、日本人ぽい客室乗務員の方もちらほら。

                でも、どの方が日本人なのか

                よく見分けがつきません。

                ・・・乳製品なしで予約したのに、

                ヨーグルトが入っていたので、

                何かに変えて欲しいのですが。・・・

                英語で交渉。

                その女性は英語で対応してくださり、

                代わりにバナナを持って来てくれました。

                バナナを受け取ったときに、

                ふと名札に目をやると・・・

                『あれ?日本人だったみたい〜!!』

                なんだ〜日本語でお願いすればよかったかも。

                でも恥ずかしいながらも、

                バナナをおいしく頬ばりました。


                帰りの通常ベジ食でも、

                ヨーグルトが付いていました。

                ・・・懲りずに聞いてみようかな。

                今度は明らかに日本人ではなかったので、

                また英語で交渉。

                今回は、代わりのものがないと言われ、

                トホホと残念だったのを覚えています。


                ワタシは、

                普段あまり口にしていない動物性食品を、

                狭い飛行機の中で食すということに、

                ちょっと抵抗があったという理由で

                お願いした特別食でしたが、

                アレルギーの方には

                もっと厳密に対応した方が、

                いいのではないかな〜と

                そのとき感じました。

                今回の日本の会社の

                アレルギー対応の機内食は、

                多くの方々に

                旅の楽しみを広げる

                素敵な試みですね♪


                P4290015



                赤レンズ豆と甘いやさいのスープ

                0

                  赤いレンズ豆と

                  甘いやさい・・・

                  かぼちゃ

                  にんじん

                  玉ねぎ

                  キャベツ

                  で、スープを作りました。


                  P6290728


                  昆布のだし。

                  味付けは自然塩。


                  野菜のうっとりしてしまうような甘さが

                  前面に出ていて。

                  赤レンズ豆で、さらにとろみもついていて。


                  暑かったり

                  雨だったりするこの時期に、

                  身体をほっとさせてくれる

                  嬉しいスープです。



                  ほろ酔い気分

                  0

                    夏になると、

                    少しばかり

                    ビールや

                    冷たくてほんのり甘いカクテル系のドリンクが、

                    飲みたくなったりします。


                    基本的には、

                    薄めないアルコール

                    ・・・ワインや日本酒が

                    好みです。

                    でも暑い時期限定で、

                    ビールやカクテルに惹かれます。

                    ほんの一杯だけでいいのです。

                    喉を潤すあの感覚が、

                    幸せを感じさせてくれます。


                    お酒といえば・・・

                    以前、小学校に勤務していた頃、

                    アルコール分解酵素のパッチテストを、

                    保健の先生にやってもらったことがあります。


                    赤く跡が残れば、

                    アルコールを分解する酵素を持っていないので、

                    飲ませては危険な人。

                    跡が残らなければ、

                    分解酵素を持ち合わせているので、

                    飲んでも大丈夫な人。

                    お酒を飲んだ時に、

                    『心臓がどきどきしてきた〜!』

                    という経験がなかったワタシ。

                    ・・・どこにパッチを貼ったのか、

                    全然わからず、痕跡もなく。

                    しっかりと

                    分解酵素を持ち合わせていることが、

                    判明シマシタ。

                    分解酵素を持っていないと、

                    たっぷりブランデーの入ったケーキや、

                    奈良漬けなどを食べるのも、

                    ちょっと危険かもしれません。


                    アルコール分解酵素を

                    持っているワタシですが、

                    最近、全然お酒が飲めない・・・

                    飲みたくない時期があったりして。

                    その時期を経た今は、

                    進んでお酒を飲むことが、

                    あまりなくなりました。

                    そして、飲んだとしても

                    ほんの少しで満足。


                    そんな中、

                    【草食系チューハイ】という記事

                    を見つけました。

                    缶チューハイの市場で、

                    高アルコールのものがヒットする中、

                    逆にアルコール分を低めに抑え、

                    果汁を効かせた優しい味わいの缶チューハイが、

                    密かにヒットしているそうなのです。


                    甘めで軽いお酒なので、ターゲットは女性?

                    と思ったのですが、

                    なんとターゲットは20代男性。


                    そして飲酒スタイルの、

                    世代間の違いもありました。

                    20歳代は平日、

                    音楽やネット・DVDなどを

                    楽しみながら、

                    平均約50分くらいかけて

                    一本をゆっくりくつろいで飲む・・・

                    40歳代は、平均20分で1本を飲みきり、

                    食事と一緒にいただく。


                    確かにcaptain家の40代の家族は、

                    食事と一緒にお酒をいただきますね〜。

                    しかもかなり早いペースで(笑)


                    くつろいでゆっくりお酒を飲むには、

                    口当たりがよくて、

                    酔わないくらいがちょうどよいのだとか。

                    ガツガツせず、刺激を好まない男性にたとえて、

                    【草食系チューハイ】と呼ぶのだそうです。


                    翌日に備え、一杯飲んだら早く寝たい中年層。

                    のんびり飲みたい、現代の若者たち。

                    そんな世代間のギャップも

                    浮き彫りになっています。


                    外では、食べながらお酒を飲む・・・

                    ということの多い日本。

                    居酒屋などの

                    食べながらお酒を飲めるお店が、

                    あちらこちらあります。

                    食べながらお酒を飲む習慣が

                    当たり前な感じがありますが、

                    アメリカ人の友達いわく

                    居酒屋みたいなスタイルは、

                    アメリカにはないのだとか。

                    アメリカでは、食事を済ませてから

                    バーやパブで飲む・・・というスタイルが

                    普通だと言っていました。

                    ひたすらお酒だけを飲む・・・のですよね。


                    そこで思い出したのが、

                    アルコール分解酵素のこと。

                    日本人は、欧米人ほど

                    アルコール分解酵素を

                    持っていないらしいのです。

                    だから胃の粘膜を保護するために、

                    何かをつまみながら、

                    お酒を飲むのかも。

                    そんな背景から、

                    至る所に居酒屋があるのかもしれません。


                    話は元に戻りますが、

                    草食系チューハイと同じ感じで、

                    最近

                    【弁当男子】 とか

                    【甘党男子】 というコトバをよく耳にします。

                    流行は女子が作るものなのかな・・・

                    と思っていましたが、

                    後を追う(?)男子のパワーを

                    微笑ましく感じます。

                    男女の隔たりなく、

                    一緒に楽しめるコトが増えるのは

                    嬉しいことです。


                    アルコール分解酵素を

                    ばっちり持っている

                    草食系captain。

                    最近お酒を飲むときは、

                    ちびちび・・・です。

                    そして・・・・・

                    『ほろ酔い気分』を

                    味わう楽しみを知りました。


                    P6290737



                    トウモロコシ

                    0

                      昨日、届いたお野菜の中から

                      トウモロコシが顔を覗かせていました。

                      「あ〜!トウモロコシだぁ〜!!」

                      と思わず叫んで(笑)しまったワタシ・・・。


                      鮮やかな黄色は、

                      初夏の訪れをいっぱい感じさせてくれます。


                      P6230659


                      どうやって食べましょう・・・?

                      やっぱり茹でていただきましょう!!!


                      P6230673


                      一列〜二列をかぶりつき、

                      あとの残りのつぶつぶを

                      手でサクッと外して食べるのが

                      今のお気に入りの食べ方です。


                      〜 あぁ甘くておいしい♪ 〜


                      この食べ方は、

                      かなりオトナになってから知りました。

                      自分の周りには、

                      こういう食べ方をしている人が

                      いなっかったんですよね〜。


                      かなりオトナになっても、

                      知らないことってたくさんあるものです。


                      今日は、残りのトウモロコシを

                      玉ねぎ、もちきびを煮た汁に加え、

                      つぶつぶスープにしました。


                      もちきびのとろみで

                      ポタージュスープのように

                      仕上がりました。


                      P6240677


                      今日はどんより曇って朝から雨模様。

                      こんな日は、

                      雨音を心地よく感じながら、

                      梅雨を楽しみたいと思っています。


                      P6090574



                      calendar

                      S M T W T F S
                           12
                      3456789
                      10111213141516
                      17181920212223
                      24252627282930
                      31      
                      << December 2017 >>

                      selected entries

                      categories

                      archives

                      recent comment

                      • 今度こそNoop-Noopとして。
                        captain
                      • 今度こそNoop-Noopとして。
                        みほ
                      • 6月の八ヶ岳マルシェ@原村で♪
                        captain
                      • 6月の八ヶ岳マルシェ@原村で♪
                        ひっぽ
                      • わんちゃんのクランベリーケーキ
                        captain
                      • わんちゃんのクランベリーケーキ
                        ひっぽ
                      • つむぐdog マルシェ (@白州べるが)でいぬのおやつ
                        captain
                      • つむぐdog マルシェ (@白州べるが)でいぬのおやつ
                        つむぐdogマルシェ小林
                      • ハロウィン生まれのくっきーの黄色いバースデイケーキ
                        captain
                      • ハロウィン生まれのくっきーの黄色いバースデイケーキ
                        トムママ

                      links

                      profile

                      書いた記事数:4440 最後に更新した日:2017/12/18

                      search this site.

                      others

                      mobile

                      qrcode

                      powered

                      無料ブログ作成サービス JUGEM