スポンサーサイト

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    • 2019.12.10 Tuesday
    • -
    • -
    • -
    • -
    • by スポンサードリンク

    有機じゃない?

    0

      最近は、

      有機農産物の認定マークを

      以前よりよく見掛けるようになりました。

      多少ほかのものより値段が高くても、

      安全を考えての

      選択肢が増えたことを、

      とても嬉しく感じていました。


      ところが・・・

      「有機」じゃないことを知りながら、

      有機農産物認定をされ、

      流通していた農産物があったという記事。

      不適切な化学肥料を使ったものが、

      有機農産物のマークを付けて

      堂々と販売されていたことを知り、

      愕然としました。


      そんなことがあったら、

      何を信じて

      安全を取り入れていったらよいのでしょう。


      ・・・自給自足しかないのかも。・・・


      野菜を作ってみよう!と思っていた春、

      畑を借りることができ、

      しかも農作業を教えていただけるというプラン

      に応募しましたが、

      残念ながら応募者多数で、

      参加することはできませんでした。

      家の庭のほんの小さな場所で、

      少し何か作ってみようかなぁ

      とも思っていましたが、

      いろいろなことが重なり、

      まだ始めることができていません。


      最近は、

      自然農法や有機農業に、

      関心を持つ方が増えているようです。

      確かに自分で作れば、

      自分の環境に合ったその時期のものを

      食べることができます。

      認定云々は関係なく、

      安全は保証済みです。


      ワタシは農産物を作った経験はありませんが、

      有機・無農薬野菜の宅配をお願いしてから、

      10年以上になります。

      最初は、その時期のものを

      全国から集めたセットを

      いただいていました。

      みかんの産地が移ってきたり、

      地元ではなかなかお目にかかれない野菜・果物たち。

      その頃は、めずらしいものに対して、

      ちょっぴり贅沢感も感じていました。


      今は、地元の農家の方に

      旬のお野菜を宅配していただいています。


      そして、自分の身体が感じたこと・・・。

      それは、地元の旬をいただく方が、

      ほっとするおいしさを味わえるという事実です。


      安全と彩りや季節感だけを考えたら、

      その時期の有機野菜を全国から集めた方が、

      満足できるはず。


      でも身体は、

      地元の旬を感じている方が、

      明らかに喜んでいます。


      『身土不二』・・・

      「身体と環境は、バラバラではなく一体である。」

      そのことを、身をもって感じている

      今日この頃です。


      P8140035



      フードマイレージ

      0

        現在、食糧自給率約40%の日本。

        国内で消費される食料の多くを

        輸入に頼っていることになります。

        そんな日本は、

        食材を

        船や飛行機、トラック

        などを使って、

        長い距離を運ぶので

        多くの二酸化炭素CO2を

        発生させてしまうと言えます。

        それが環境に負荷をを与えてしまう・・・

        という事実。


        『フードマイレージ』は、

        「輸送量」に「輸送距離」を乗じた計算式で

        求めることができ、

        値が少ないほど

        環境への負荷が少ない

        という目安になるものです。


        残念・・・なことに

        日本のフードマイレージは、

        値が低い国の9倍もの値。

        遠いところからの

        大量輸入を減らし、

        地産地消を!と言われています。


        地元産の食材を選ぶことは、

        地球環境を守ること・・・

        確かにそうです。


        でも・・・

        不景気の中、価格破壊が進み

        300円以下の惣菜弁当が

        爆発的に売れているという

        相反する事実。

        その価格で作られるお弁当に、

        フードマイレージの数値を下げることを

        望むことは無理です。


        すべてが丸く治まるなんて、

        むずかしいことかも。


        とにかく今は、

        様々な情報を整理しつつ、

        現実と向き合いながら

        ひとりひとりが、

        できることから始める・・・

        そんな時期なのかもしれません。

        それがたとえ、

        ほんの小さなことだとしても。


        Dsc01200



        アレルギー対応の機内食

        0

          以前、アメリカに行ったときのこと。

          そのアメリカ行きの飛行機は、

          様々な機内食の特別対応が

          できるシステムになっていました。


          ワタシは、飛行機に乗るときには、

          いつもおにぎりを持参していました。

          何も動かない状態で、

          到着地の時間に合わせて出てくる機内食が、

          どうも重たく感じられてしまうからです。

          『う〜、ブロイラー状態だぁ。』

          そんな危険を感じたら、

          機内食はパスして

          いつもおにぎりを頬ばっていました。

          雲の上で食べるおにぎりは、

          また格別です。


          でもその時のアメリカに行く飛行機では、

          事前に特別食を予約。

          そんなわけで、

          たぶん初めておにぎりなしでの

          旅となりました。


          その航空会社の特別食は、

          多種多様でした。

          ベジタリアン食といっても、

          肉・魚なし・・・から

          乳製品・肉・卵なし・・・まで

          何種類かあったように記憶しています。

          そしてベジタリアン食の中にも、

          通常のベジと

          スパイシーなもの

          二種類ありました。


          ワタシは、行きの飛行機はスパイシーベジ食、

          帰りは通常のベジ食で、

          卵・乳製品もなしで

          オーダーしてみました。

          宗教上の理由の方の対応のためか、

          使用する肉を

          限定する機内食もありましたね〜。


          それ以降、

          海外に行っていないので、

          その後の機内食の変化は

          わからなかったのですが・・・。


          今年の5月末から

          日本の航空会社で、

          アレルギーの原因となる

          25品目の原材料を使わずに作ってある

          機内食のサービスが始まった!

          と知りました。


          空の旅の密かな楽しみである機内食。

          アレルギーをお持ちの方も

          機内食を味わうことができ、

          旅の喜びも倍増することでしょう。

          もちろん事前の相談や、

          申し込みは必要とのことです。


          ワタシが味わったベジ機内食体験。

          スパイシーベジは、ベジカレーみたいなもの。

          通常ベジは、やさいとパンみたいな感じでした。

          食事の時間になると、

          真っ先にベジ食を運んでいただけます。

          普通の食事の方々が揃った頃には、

          ワタシはいつも

          先に食べ終わっていました。

          行きの飛行機のスパイシーベジ食のときに、

          ヨーグルトが付いていました。

          『あれ?No dairy foods (乳製品なし)で

          予約したはずなんだけどなぁ。』

          アジア系の飛行機だったので、

          ちょっと見、日本人ぽい客室乗務員の方もちらほら。

          でも、どの方が日本人なのか

          よく見分けがつきません。

          ・・・乳製品なしで予約したのに、

          ヨーグルトが入っていたので、

          何かに変えて欲しいのですが。・・・

          英語で交渉。

          その女性は英語で対応してくださり、

          代わりにバナナを持って来てくれました。

          バナナを受け取ったときに、

          ふと名札に目をやると・・・

          『あれ?日本人だったみたい〜!!』

          なんだ〜日本語でお願いすればよかったかも。

          でも恥ずかしいながらも、

          バナナをおいしく頬ばりました。


          帰りの通常ベジ食でも、

          ヨーグルトが付いていました。

          ・・・懲りずに聞いてみようかな。

          今度は明らかに日本人ではなかったので、

          また英語で交渉。

          今回は、代わりのものがないと言われ、

          トホホと残念だったのを覚えています。


          ワタシは、

          普段あまり口にしていない動物性食品を、

          狭い飛行機の中で食すということに、

          ちょっと抵抗があったという理由で

          お願いした特別食でしたが、

          アレルギーの方には

          もっと厳密に対応した方が、

          いいのではないかな〜と

          そのとき感じました。

          今回の日本の会社の

          アレルギー対応の機内食は、

          多くの方々に

          旅の楽しみを広げる

          素敵な試みですね♪


          P4290015



          トウモロコシ

          0

            昨日、届いたお野菜の中から

            トウモロコシが顔を覗かせていました。

            「あ〜!トウモロコシだぁ〜!!」

            と思わず叫んで(笑)しまったワタシ・・・。


            鮮やかな黄色は、

            初夏の訪れをいっぱい感じさせてくれます。


            P6230659


            どうやって食べましょう・・・?

            やっぱり茹でていただきましょう!!!


            P6230673


            一列〜二列をかぶりつき、

            あとの残りのつぶつぶを

            手でサクッと外して食べるのが

            今のお気に入りの食べ方です。


            〜 あぁ甘くておいしい♪ 〜


            この食べ方は、

            かなりオトナになってから知りました。

            自分の周りには、

            こういう食べ方をしている人が

            いなっかったんですよね〜。


            かなりオトナになっても、

            知らないことってたくさんあるものです。


            今日は、残りのトウモロコシを

            玉ねぎ、もちきびを煮た汁に加え、

            つぶつぶスープにしました。


            もちきびのとろみで

            ポタージュスープのように

            仕上がりました。


            P6240677


            今日はどんより曇って朝から雨模様。

            こんな日は、

            雨音を心地よく感じながら、

            梅雨を楽しみたいと思っています。


            P6090574


            ぷちぷちラズベリー

            0

              今日、摘みたての ラズベリー

              をいただきました。


              P6220643


              色鮮やかで、

              ぷちぷちとした食感。

              微かな甘みとさわやかな酸味。

              そして心地よい香りが、

              口いっぱいに広がります。

              この香りが、ダイエット効果もあるといいます。

              バラ科で木イチゴの仲間のラズベリー。


              数年前に富士登山した時・・・。

              たしか6合目手前ぐらいの場所で、

              一緒に行った友人が

              野いちごを見つけて、

              食べさせてくれたことを思い出しました。

              酸味が強くて・・・

              でもぷちぷちとした食感は、

              ラズベリーと少し似ていました。


              食べ物を通して

              いろいろな出来事を思い出すことが多い、

              いやしんぼのcaptainです。



              まぁるいズッキーニ

              0

                丸いズッキーニは、

                黄色と緑の色が

                とっても鮮やかで

                見ているだけで元気が出ます。


                そして、

                このまあるい形を見ると

                ズッキーニがかぼちゃの仲間だということも

                納得できます。

                P6070552


                見た目は

                皮が固そうですが、

                実際は、生でキュウリと同じ感覚で食べられるほど

                皮はやわらかく・・・。

                中身は、キュウリより

                ふわっとした感じです。


                また、にんにくと一緒にオリーブオイルで焼き、

                ハーブソルトで味を付ければ、

                ワインにも合います。

                その焼いたズッキーニは、

                トマトソースとの相性もよいので、

                パスタにも使えます。


                夏野菜のカレーに入れたり、

                ラタトゥユもおいしいですね〜。



                噛めば噛むほどおいしいパン

                0

                  ワタシの家の近くに、

                  かわいいケーキ屋さんがあります。

                  素材にもこだわりのある

                  おいしいケーキのお店です。

                  そのケーキ屋さんで

                  毎週金曜日だけ

                  パンを買うことができます。


                  全体的にふわふわではなく、

                  皮はぱりっと中はしっとり・・・だったり。

                  ずっしりしていたり。


                  天然酵母を使った

                  素朴な味わいのパンは、

                  噛めば噛むほどに

                  おいしさが増します。


                  最近は、

                  ファンの方が

                  当たり前のように

                  増えてきたようで、

                  ちょっと時間が遅くなってしまうと

                  買うことができなかったりします。


                  今日は久しぶりに

                  くるみとレーズンと夏みかんピールの入ったパンを

                  買うことができました。


                  ・・・幸せを噛みしめています♪


                  P6050544_2


                  そらまめ

                  0

                    今日は、そらまめが届きました。

                    captain家では、初物です!

                    P5260475

                    サヤごと焼いて食べようか・・・

                    サヤをむいて茹でて食べようか・・・

                    などあれこれ考え中です。


                    季節の野菜を目にする度に、

                    給食のメニューを考えていた頃のことを

                    思い出します。


                    そらまめの、茹でた匂いが苦手な子ども、

                    皮ごと食べられる子ども、

                    皮を剥いて食べる子ども・・・。

                    いろいろいましたね〜。


                    また、一年に一度の

                    生のグリンピースを使ったグリンピースごはんは、

                    大人には好評でも、子どもにはさっぱり人気がありませんでした。

                    そもそも生であろうが、缶詰であろうが、冷凍であろうが、

                    グリンピースが苦手な子どもはたくさんいました。

                    ワタシは、ハヤシライスにはいつも

                    やわらかい食感の冷凍グリンピースを

                    使っていましたが、

                    「グリンピースが入っていなかったら、おかわりするのに。」

                    と言われてしまったことさえあります。

                    彩りや食感を楽しむ感覚が、

                    あまりなかった子どもたち・・・。

                    いや逆に考えると、

                    ハヤシライスの味をグリンピースが邪魔する・・・

                    と、過敏に反応してしまう子どもたちだったのかも。


                    その時季に採れた野菜を食べて、

                    心も身体もその季節に馴染んでいく・・・。


                    そんな感覚を子どもたちに身につけて欲しくて、

                    いくら 『苦手』 と言われても、

                    グリンピースや菜花やそらまめ

                    メニューから外すことはありませんでした。


                    そんな子どもたちも、

                    大人になってからきっと、居酒屋かなんかで・・・

                    『コレ1年に一度くらい、給食で出て、苦手だったんだよね〜。』

                    とか言いながら、そらまめをつまんでくれているに違いない・・・

                    そんなコトを想像しています。


                    ベジバーガー

                    0

                      今日、新登場のベジタブルバーガー。


                      早速食べて来ました☆


                      P4200436


                      ココのバンズパンは、

                      生地に栗かぼちゃが練り込んであるそうで、

                      ほんのり甘みがあります。


                      具は、

                      とうふ、

                      アボカド、

                      トマト、

                      レタス。

                      ソースは、和風なようで、

                      ちょっとスパイシー。

                      そんな独特の風味を持ったものでした。


                      とうふハンバーガーではなく、

                      ベジタブルバーガーなので、

                      より軽く、ヘルシーな食べ応えでした。


                      その軽さを、アボカドのコクで

                      補っている感じです。


                      ワタシが マクロビオティックに興味を持ったきっかけ のひとつは、

                      近所に住んでいた、アメリカ人のベジタリアンの女のコ。


                      当時は、ベジタリアン仕様のメニューのあるお店が

                      全然なくて・・・。


                      ベジのサンドがあるサブウェイでさえ小田原にはなく。


                      彼女はよく


                      肉抜き

                      とか

                      ベーコン抜き


                      を注文していました。


                      「回転寿司に行こう!」

                      と言うので、何を食べるのかと思ったら、

                      ひたすら かっぱ巻き と 納豆巻き。


                      納豆は、そのままは食べられなかったようでしたが、

                      納豆巻きは、ちょこっと無理をして

                      健康のために・・・と

                      食べていたようでした。


                      当時、彼女に言わせると、

                      日本は20年前のアメリカの雰囲気だそうで、

                      『そんなに古ぼけた感じなのかな〜。』

                      と思ったものです。


                      彼女とよく一緒に遊んでいた頃から、

                      5年以上経った今。


                      こうしてベジバーガーが、

                      やっとお目見えするようになりました。

                      こういうところも含めて、

                      20年遅れている感じだったのでしょうね〜。


                      今、彼女がここにいたら、

                      このベジバーガー、一緒に食べられるのになぁ・・・。


                      I feel so sorry and I miss her very much...



                      マミーフード

                      0

                        3月2日のブログで紹介させていただいた、

                        『エドガー・ケイシー講座』 で知った


                        マミーフード。


                        Mummyとは、英語でミイラのことなので、


                        ミイラの食事という意味です。


                        ケイシーさんが見た夢を起源としているこの食べ物。

                        夢の中に、古代のエジプトの墓から蘇ったミイラが現れ、

                        様々な古代のエジプトの叡智を

                        ケイシーさんに伝えたという不思議なお話から

                        由来しているマミーフード。


                        ケイシーさんの

                        「どんな食事をすべきか?」

                        の問いに対するミイラの答えが、

                        マミーフードとして、伝えられているそうです。

                        そして便秘や排泄の改善のためにも、

                        勧められているそうです。


                        また、

                        『霊的に進化した肉体のための食事である』

                        とも言われています。


                        そんな不思議な食べ物を、

                        どうしても食べてみたくて・・・・

                        作ってみました。


                        材料は・・・


                        ドライデーツ(なつめやし)、

                        ドライ黒いちじく と

                        コーンミール。

                        P4130497

                        ドライデーツとドライ黒いちじくを細かく刻み、

                        ひたひたの水でやわらかいジャム状になるまで煮て、

                        コーンミールを少しずつ加えて作ります。

                        ねっとりとして、甘〜いジャムのような感じです。


                        P4130518


                        こってりした甘さはありますが、

                        天然のドライフルーツの甘みなので、

                        後味はすっきりです。


                        ライ麦パンや全粒粉パンとの

                        相性がよい感じです。


                        ドライデーツ(なつめやし)には、

                        カリウムやマグネシウムなどのミネラルや

                        ビタミンB群が、


                        そしてドライ黒いちじくには、

                        カルシウム・鉄分・マグネシウム・カリウムや

                        ビタミン(A・B・C)が

                        豊富に含まれています。


                        それらにより、

                        体内浄化と精神安定、

                        そして神経組織を鎮め、

                        身体に休息を与える食べ物となっているのですね。


                        春は、植物が芽吹くように、

                        心もそわそわ落ち着かなかったり、

                        それに伴って身体も敏感に

                        反応する時期です。


                        このマミーフードとハーブティーで、

                        より穏やかに春を過ごすことができるかも・・・。


                        食べ物の持つチカラに、感謝です♪




                        PR

                        calendar

                        S M T W T F S
                         123456
                        78910111213
                        14151617181920
                        21222324252627
                        282930    
                        << June 2020 >>

                        selected entries

                        categories

                        archives

                        recent comment

                        • 今度こそNoop-Noopとして。
                          captain
                        • 今度こそNoop-Noopとして。
                          みほ
                        • 6月の八ヶ岳マルシェ@原村で♪
                          captain
                        • 6月の八ヶ岳マルシェ@原村で♪
                          ひっぽ
                        • わんちゃんのクランベリーケーキ
                          captain
                        • わんちゃんのクランベリーケーキ
                          ひっぽ
                        • つむぐdog マルシェ (@白州べるが)でいぬのおやつ
                          captain
                        • つむぐdog マルシェ (@白州べるが)でいぬのおやつ
                          つむぐdogマルシェ小林
                        • ハロウィン生まれのくっきーの黄色いバースデイケーキ
                          captain
                        • ハロウィン生まれのくっきーの黄色いバースデイケーキ
                          トムママ

                        links

                        profile

                        書いた記事数:4944 最後に更新した日:2019/12/10

                        search this site.

                        others

                        mobile

                        qrcode

                        powered

                        無料ブログ作成サービス JUGEM