スポンサーサイト

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    • 2019.12.10 Tuesday
    • -
    • -
    • -
    • -
    • by スポンサードリンク

    いちじく大好き!

    0

      先日、バナーネという

      小ぶりのいちじくを見つけ

      買ってみました。


      これが、とても濃厚で甘いいちじくで・・・

      嬉しいおいしさに、

      また買いに行ってしまいました。


      今度は

      普通によく見掛ける

      いちじくも一緒に購入。


      こちらも完熟で、

      甘さはしっかりありました。

      大きいので食べ応えもあります。


      P8080985


      バナーネといういちじくは、

      夏と秋の2回実がなるのだそうです。

      夏の実はとても大きく、

      秋の実は小さいけれど糖度が高く甘い・・・

      とありました。


      今回食べたバナーネは、

      秋の実でした。


      昨日は立秋でした。

      そして暑いとはいえ、

      秋の実をいただく時季になりました。


      子どもの頃から

      大好きだったいちじく。


      懐かしい味とともに、

      亡くなった父との想い出も

      頭の中を過ぎります。



      バナナピーナッツ&トマトトースト

      0

        朝の元気のもと、

        朝ごはん。


        パンの朝食の時は、

        パンの上にのせる物によって

        違った味わいを

        楽しむことができます。


        今朝は、

        バナナピーナッツトースト と

        トマトトースト。

        玄米入りのパンの上に

        2種類の具をのせてみました。


        バナナピーナッツトーストには、

        無糖のピーナッツバターと

        バナナ、そしてメープルシロップを

        少しかけました。


        トマトトーストには

        イタリアントマトを使い、

        オリーブオイルと

        ハーブソルトで

        風味をつけました。

        これがなかなか好評で、

        ワインのお供にもなりそうです。


        甘い味と

        さっぱり味で、

        嬉しい夏の朝食でした。


        P8050981



        ブルーベリーの季節

        0

          地場産の野菜や果物を

          販売しているお店で、

          無農薬のブルーベリーを

          見つけました。


          P8040966


          ブルーベリーの色素成分は、アントシアン。


          視神経の働きをよくするアントシアンは、

          強力な抗酸化作用もあります。


          さっぱりとおいしくて、

          目にも良く、

          お肌の調子を整えることにも

          繋がるブルーベリー。


          近いうちにまた買いに行って、

          今度は冷凍して

          ブルーベリーソイスムージーを

          楽しみたいと思っています。



          ゴーヤ

          0

            今日届いたお野菜の中に、

            ゴーヤを発見!

            P8040964


            縦半分に切って

            種とわたを除いて、

            薄切りにしたあと

            少し塩で揉んで・・・

            ゴーヤチャンプルーを

            作る予定です。


            塩で少し揉むことによって、

            ゴーヤの苦みが

            ちょっぴり和らぎます。


            ほどよいゴーヤの苦みで

            いい刺激を受け、

            ビタミンCで

            身体をしゃきっとさせたい・・・

            と思っています☆



            ぬか漬けのパワー

            0

              最近、

              ぬか漬けをよく食べます。


              きゅうりやにんじんを漬けて、

              うま味と塩気を

              心地よく感じながら、

              自分の中の日本人を

              感じています。


              子どもの頃は、

              母が大きな入れ物で

              一度にたくさん漬けていたので、

              何日も漬けて

              色が茶色くなって

              酸っぱくなったものを

              塩出しをして

              食べたりもしました。

              以前は、

              酸っぱいくらいのぬか漬けが

              大好きでした。


              今は、ほんの少しの量の

              ぬか床なので、

              少しずつ漬けて

              楽しんでいます。

              そして、すぐ食べてしまうので

              酸っぱくなった古漬けには、

              なかなかお目にかかれないのが

              ちょっぴり残念ですが、

              毎日少しずつ

              無駄なく食べることができ、

              それはそれで

              満足しています。


              一昔前までは、

              日本の家庭の常備品だった

              ぬか漬け・・・。


              生きたまま腸に届く

              植物性乳酸菌のおかげで、

              お腹の調子も整います。


              また、米ぬかに含まれている栄養素が、

              ぬか漬け野菜に浸透してくるので、

              生で食べるよりも

              ビタミンB群の吸収が期待できます。


              おいしくて

              パワーいっぱいのぬか漬けで、

              ごはんが進んで・・・

              今日はちょっと

              食べ過ぎてしまいました(笑)


              P7230929_2



              青森メロン

              0

                青森から届いた

                有機玄米&七分づき米の中に、

                メロンがふたつ

                お米をクッションにして

                並んで入っていました。


                有機栽培のメロン。


                今の時期は、

                ホームビレンスという

                白皮でグリーン肉の

                メロンのようです。


                P7240928_2


                初物を

                味わう幸せを噛みしめながら、

                大事に大事に

                つがるの味を

                楽しませていただこうと

                と思っています☆



                三種のトマト

                0

                  今日は、

                  3種類のトマトが届きました。

                  さすが夏!って感じです。


                  P7210840


                  写真奥の左側が、

                  普通のトマト。

                  奥の右側が、

                  ミニトマト。

                  そして、手前が

                  シチリアンルージュという名の、

                  イタリアントマトです。


                  イタリアントマトは、

                  よく缶詰にもなっている

                  サンマルツァーノが有名ですが、

                  シチリアンルージュなんて

                  かわいい名前のトマトも

                  あったんですね〜。


                  すべて熟し切っている、

                  鮮やかな色のトマトです。


                  ワタシは、子どもの頃から、

                  お日さまをいっぱい浴びて熟した

                  真っ赤なトマトが好きでした。


                  でも母は、

                  青いトマトを選んで買って来て、

                  しかも皮をむいて食卓に

                  出してくれました。

                  母は、熟し切っていない

                  青めのトマトが好きだったのです。

                  そして青いからこそ、

                  りんごのように皮をむくことができたのです。


                  子どもの頃から食べ付けている

                  懐かしいお母さんの味が、

                  その人の食のベースになっている・・・

                  とも思うのですが、

                  すべてそうとは、

                  言い切れないようで。

                  ワタシは、母の出してくれる

                  皮なしの青いトマトが、

                  あまり好きではありませんでした。

                  しゃりしゃりした青いトマトは、

                  ワタシの中では

                  そういう意味で、

                  懐かしい母の味となっています。


                  ところで、

                  トマトをふんだんに使うイタリア料理について、

                  おもしろい比較論を見つけました。


                  イタリア料理といえば、

                  トマトソースをふんだんに使います。

                  イタリア料理に欠かせない

                  トマト&アンチョビ&オリーブオイル

                  を日本料理に欠かせないものと

                  比較することができるのです。


                  トマトはコンブ・・・

                  グルタミン酸が豊富です。


                  アンチョビは煮干し・・・

                  アミノ酸・イノシン酸・魚のうま味が共通します。


                  オリーブオイルは醤油・・・

                  あらゆる料理に使います。


                  あ〜だからイタリア料理は、

                  日本人の口に合うのですね〜。

                  納得です。


                  イタリアのソウルフードであるトマト。

                  いつか本場のイタリアで、

                  トマトパスタを味わってみたいです。


                  以前近所に住んでいた

                  イタリア系アメリカ人の女の子が、

                  リコッタチーズとほうれん草のラビオリ

                  とそれに絡める秘伝のトマトソースの作り方

                  を教えてくれるということで、

                  喜んで彼女のアパートに

                  行ったことがありました。

                  ラビオリの作り方は

                  教えてくれたのですが、

                  急に、トマトソースの作り方は教えられない・・・

                  と言われました。

                  「トマトソースの作り方は、

                  先祖代々受け継がれたものなので、

                  それを教えてしまったら、

                  おばあちゃんがお墓から

                  化けて出て来ちゃうから絶対だめ!

                  絶対教えられない!」

                  と強く言われ、

                  しぶしぶ引き下がったのを覚えています。

                  とっても残念でした。


                  でも直前までは、

                  教えてくれると言っていたので、

                  もしかしたらすでに

                  おばあちゃんが彼女の前に

                  現れたのかも???


                  そんなわけで

                  今週は、

                  シチリアンルージュを使った

                  captain秘伝?のおいしいトマトソースを、

                  作りたいと思っています。



                  野菜を使ったスイーツ

                  0

                    特大ズッキーニ

                    0

                      昨日届いたお野菜の中に、

                      大きなズッキーニがありました。


                      もう少し長ければ、

                      野球のバットとして使えそうです。


                      ちょっと大きめのキュウリと

                      並べてみました・・・。

                      P7140727_4


                      夏の強い日差しを浴びて、

                      スクスクと大きく育ったのでしょう。


                      昨日は野菜と一緒に、

                      梅雨明けのお知らせもいただきました。


                      そして夏の野菜たちは、

                      切ってそのまま生で食べたり、

                      さっと茹でて食べるものばかり。

                      みずみずしさに溢れています。


                      ワタシは、

                      そんな夏野菜が大好きなことに

                      気が付きました。


                      夏に生まれたからでしょうか。


                      そして、自分が生まれたこの季節が

                      とっても好きなのは、

                      最初に地球に足を踏み入れた時の感触が、

                      忘れられないからでしょうか。



                      カレーになに入れる?

                      0

                        最近のcaptain家のカレーは、

                        具を重ね煮して作る、

                        野菜の甘さがたっぷり出たカレーです。


                        そして・・・

                        茹でた大豆や

                        ひよこ豆を入れたり、

                        今回のように

                        しめじと厚揚げを

                        入れてみたりしています。


                        P7060800


                        以前、『カレーに何入れる?』

                        という記事を見ました。


                        ネットの掲示板で、

                        カレーの具について と

                        隠し味について の

                        意見が交換されたという内容でした。


                        具については、

                        りんごはアリかナシか・・・。

                        りんごをすりおろして入れるのは、

                        アリだと思いますが、

                        具として角切りりんごが入っていたら、

                        じゃがいもと間違えて

                        あれ?って感じかもしれませんね〜。

                        酢豚にパイナップルが苦手な方には、

                        完全にアウトです・・・。

                        でも、フルーツカレーなるものも

                        あるそうで・・・。

                        いろいろな具へのチャレンジは、

                        その家庭の味みたいな感じで、

                        おもしろいかもしれません。


                        隠し味にについては、

                        焼き肉のたれ、

                        バター、

                        カレースパイスと配合が似ている漢方胃腸薬、

                        などがありました。

                        チョコレートやはちみつなども

                        よく聞きますね。


                        ただ・・・

                        まず基本を知っていないと

                        よいアレンジは難しい!

                        ともありました。

                        自分の味の軸がないのに

                        情報だけに引っ張られ、

                        真似するのは好ましくないとのこと。


                        自分の子ども時代のことを

                        思い出しました。

                        ワタシは、小学生の頃から

                        よく家の食事を作っていました。

                        父が病気で入退院を繰り返す中、

                        母がフルタイムで働くこととなり、

                        弟と一緒にお留守番。

                        台所奉行となったわけです。


                        カレーも作りました。

                        まだ父も健在だった頃、

                        初めて作ったカレーは

                        ルウの選択を誤ってしまったようで、

                        いつもの母のものより

                        だいぶ辛くなってしまっていました。

                        慌てたワタシは、

                        『辛い物を甘くするには・・・?』

                        の発想で、砂糖を加え・・・。

                        どんな味だったかは、

                        よく覚えていないのですが、

                        カレーとして食べられないほどの

                        不思議な食べ物に変化していました。

                        せっかく一生懸命作ったカレーが、

                        変な味になってしまい、

                        子どもながらに相当なショックを受けました。


                        その時のワタシには、

                        りんごをすりおろして入れる・・・とか、

                        はちみつを入れる・・・とか、

                        ケチャップを入れる・・・

                        などの経験値はなかったのです。

                        基本をよくわかっていなかったんですよね。


                        基本をしっかり頭に入れた上で、

                        上手にアレンジすることの大切さを

                        このカレーの苦い経験で

                        学んだように思います。




                        PR

                        calendar

                        S M T W T F S
                         123456
                        78910111213
                        14151617181920
                        21222324252627
                        282930    
                        << June 2020 >>

                        selected entries

                        categories

                        archives

                        recent comment

                        • 今度こそNoop-Noopとして。
                          captain
                        • 今度こそNoop-Noopとして。
                          みほ
                        • 6月の八ヶ岳マルシェ@原村で♪
                          captain
                        • 6月の八ヶ岳マルシェ@原村で♪
                          ひっぽ
                        • わんちゃんのクランベリーケーキ
                          captain
                        • わんちゃんのクランベリーケーキ
                          ひっぽ
                        • つむぐdog マルシェ (@白州べるが)でいぬのおやつ
                          captain
                        • つむぐdog マルシェ (@白州べるが)でいぬのおやつ
                          つむぐdogマルシェ小林
                        • ハロウィン生まれのくっきーの黄色いバースデイケーキ
                          captain
                        • ハロウィン生まれのくっきーの黄色いバースデイケーキ
                          トムママ

                        links

                        profile

                        書いた記事数:4944 最後に更新した日:2019/12/10

                        search this site.

                        others

                        mobile

                        qrcode

                        powered

                        無料ブログ作成サービス JUGEM